セレナの買取査定の相場

MENU

日産 セレナ買取査定相場

日産セレナは人気が非常に長く継続している日本のファミリーミニバンの代名詞とも言えるモデルです。ホンダのステップワゴン、トヨタのノア、ボクシーなどと並んで、現行モデルも高い人気を誇っています。

 

中古車の買取査定においてもその相場は非常に高く、最近はどのメーカーもハイブリッドモデルや安全性能を高めた新型モデルを投入していることもあって、比較的新しい年式の良い物件が売りに出されることも増えています。

 

現行の任さんセレナは、平成24年の後半にスマートシンプルハイブリッドという簡易型ハイブリッドモデルが投入されてから、現在までほぼ同等のエンジンを搭載していますが、エクステリアがだいぶ変更されており、同じ26型でも平成25年度末付近のモデルからはヘッドライトの形状やリヤコンビランプのデザインが変更されています。

 

26型としては非常に長い期間販売されているモデルで、いよいよモデル末期という状態になってきました。買取査定相場は現在も良好な高水準にあると言えますが、フルモデルチェンジを迎えると、その相場は徐々に影響を受けていきますので、買取査定においては現行モデル、ひとつ前のモデルは、今こそが良いタイミングと言えます。

 

セレナの買取相場を新しい順に見てみると、現行モデルにおいて最も売れているスマートシンプルハイブリッドのS-ハイブリッド・Vセレクションでは、平成27年式が180万円~205万円程度です。ライダーや4WDモデルにおいては更に225万円近くまで上昇する傾向もあり、買ってすぐに乗り換えという場合には、それなりに高額の売却が可能と言えます。

 

続いて1年落ちの平成26年式を見てみると、最も売れているS-ハイブリッドのハイウェイスターVセレクションで170万円~190万円程度、4WDやライダーの特別なモデルでは200万円強までと、依然高い水準を維持しています。

 

更に1年前の平成25年式を見てみると、マイナーチェンジ前の26型中期モデルでは廉価グレードが100万円~115万円程度、ハイウェイスターなどの人気グレードで140万円~160万円程度、マイナーチェンジ後の現行モデルではもう少し相場があがって155万円~170万円程度と、現行モデルは2年落ちでも大きな値崩れを起こしていないことが分かります。

 

次に、最初の車検を迎えたマイナーチェンジ前の平成24年式では、スマートシンプルハイブリッドモデルのハイウェイスターで125万円~140万円程度、ハイブリッドが登場する前のノーマルエンジンモデルのハイウェイスターでもほぼ同等の125万円~140万円程度で、初回車検のタイミングを境に、大きく買取りの価格が下落することが分かります。

 

3年目の車検を通したあとの物件では、26型の相場が5年落ちまでの2年間で更に25万円~30万円程度下落しますが、走行距離も浅く、程度の良い物件であれば、5年落ちのものでも買取りが100万円を超えるものが多く、セレナの人気の高さを表しています。"